女の人

神戸の美容整形で小顔を手に入れよう|いろいろな小顔整形

  1. ホーム
  2. 二重整形埋没法とは

二重整形埋没法とは

ドクター

目元を二重にする美容整形は、神戸でも人気です。その中でも埋没法と呼ばれる手術方法は、神戸でも気軽に手術を受けることができます。二重の美容整形の中には、いろいろな手術方法がありますがよく行なわれている埋没法とは一体どのような手術をするのでしょうか。埋没法の手術は、糸を使用して行なわれています。まぶたの上を数か所、糸で留めて二重を作っていきます。また、埋没法の中にも2種類の手術方法があり「瞼板法」と「挙筋法」といわれているものです。「瞼板法」は、なりたい二重の幅のラインに合わせ、上まぶた裏の瞼板に糸を結んでいきます。この美容整形のメリットは、キレイな二重を作るのに安定した手術方法だというところです。手術後でも、二重の幅が変わったり、二重が無くなったりすることがあまりありません。そして、手術後はまぶたの腫れがきになるところですが、腫れることがあまりないのでもし手術後気に入らなければ、手なおしをすることも可能です。しかしこの方法には、デメリットもあります。まぶたの裏に糸を結んでいるので、眼球に糸が当たりやすくなることがあります。次は「挙筋法」です。この方法は、挙筋と呼ばれている筋肉に糸を結んでいきます。この手術方法のメリットは、まぶたの奥で糸を結ぶので、瞼板法のように糸が眼球に当たる心配がありません。デメリットの部分は、挙筋に手術をするので眼瞼下垂になりやすい可能性があります。眼瞼下垂とは、まぶたが開きにくい状態になることを言います。このように手術法によってメリットやデメリットがあるので、神戸の美容整形を受ける時はリスクの面も相談するようにしてください。メスを使用した手術をしたくない方・手術後の痛みや腫れを極力抑えたい方・費用を安くしたい方は、埋没法の手術は最適です。しかし、人によって目の形が違うため、埋没法の手術が皆に合っている方法とは限りません。手術後、どのような目に変えていきたいか医師と話し合い、手術方法を決めることが大事です。神戸で美容整形を行なう方は、安全なクリニックを選び理想の目を手に入れましょう。